消費者金融などでお金を借りる人はたくさんいますが、中には本当にお金に困っている人もいます。本当にお金に困っていて、生活費すらないという人は、お金を借りる前に生活保護課に相談をしましょう。例えば、月収が10万円しかなく、生活費すらないという人は、借金をしてもどうやって返済をしていくのか、疑問です。返すあてのない借金をしてはいけません。

生活保護は、お金を借りるための1つの方法だと考えている人がいますが、それは誤解です。生活保護は借金ではないので、返済をする必要はありません。例外的に、不正受給をしていたら返済しなければならなくなりますが、本当にお金に困っている人なら、その心配もないでしょう。

生活保護を受けるためのハードルは、それほど低くはありません。平均的な給料を得ている人は、まず生活保護の審査には通りません。しかし、生活費すらないのでお金を借りることを考えているような人は、審査に通る可能性があります。市町村によって生活保護を受けられるラインというのは異なっていますので、まずは役所に相談をしてみましょう。

生活保護は大切な国の税金から出ていますので、国に迷惑をかけるくらいならお金を借りるほうが正しい選択肢であると考えている人がいます。しかし、お金を借りて、もしも返済ができなくなったら、金融機関などに多大な迷惑をかけることになります。また、本人にとってもデメリットが大きいです。生活に困っている人は、お金を借りる前に生活保護を検討しましょう。