私は、現金が必要になって、消費者金融のカードローンを利用したことがあります。クレジットカードを2枚もっていたので、生活費などは足りなくなってもクレジットカードで乗り切ることができました。最近のお店はどこもクレジットカードに対応しているので、服や電化製品、食品の購入はクレジットカードさえあればなんとかなります。

しかし、家賃の支払い、公共料金の支払いなどは現金でなければならないことがあります。公共料金については、あらかじめ登録をしておけばクレジット決済ができますが、登録をしていなければ、支払い方法を変更するのに1ヶ月程度かかります。

また、クレジットカードの支払いのためにクレジットカードを使用するということができないことにも要注意です。私は、家賃の支払いやクレジットカードの支払いができなくなり、現金が必要になったので、消費者金融でカードローンを契約しました。

しばらくの間は給料日前に5万円程度を借りて、給料が出たらすぐに返済するということが続いていました。給料の前借りをしている状態でした。冷静に計算をしてみると、常にマイナスの状態で生活をしていることになるので、なんとかしなければならないと思っていました。

生活レベルを下げるようにして、なんとかマイナスの状態からは脱却ができました。クレジットカードのショッピング枠についても、お金を借りることを認識しておくべきだと思います。カードローンのおかげでクレジットカードや家賃を延滞せずにすんだので、助けられたと感じています。